年子の寝室レイアウトを公開!夜泣き対策で上の子は別室に

年子の寝室のレイアウト 子育て
この記事は約3分で読めます。
ゴリラ
ゴリラ

0歳&1歳の年子ママです。

今回は、わが家の寝室のレイアウトを紹介します。

3部屋あるので、上の子とパパ、下の子とママに別れて寝ています。

年子の寝室レイアウトを公開!〜0歳と1歳の場合

わが家の寝室のレイアウトはこんな感じです↓

年子の寝室のレイアウト
  • 3部屋ある
  • 0歳とゴリラが同部屋。0歳はベビーベッド
  • 1歳と夫が同部屋。マットレスで2人で寝る

 

さらに詳しい間取り↓

年子の寝室のレイアウト
  • 0歳のベビーベッドは上の子のおさがり
  • 夫と1歳のマットレスは泊まりに来た人用に買ってあった
  • 1歳の部屋には囲いをして遊ぶスペースも(だけど日中は部屋中におもちゃが散乱ww)

 

2人目の寝室を別にするメリット・デメリット

2人目の寝室を、1人目と別にするメリット・デメリットをまとめてみました。

  • 日中のお昼寝がそれぞれの部屋でできる
  • お互いの夜泣きに起こされない
  • 0歳が就寝前に激しく泣いても気兼ねなくあやせる
  • 0歳の夜間授乳を気兼ねなくできる
  • 夫婦で就寝前に会話する時間がとれない

 

ゴリラとしては、2人目の寝室は別にして正解でした!

 

デメリットの代わりに、夫婦のコミュニケーションは夕飯後にとるように。

1歳が夕飯を食べ終わって遊んでいる間が、唯一、夫婦だけで過ごせる時間。

15分くらい。

YouTubeを流しながらそれについて話したり、あとはやっぱり子どもたちに関する話題が多いです。

 

2人目を産んだら、夫婦のスキンシップは自然となくなりました(笑)

「子どもたちがいて幸せだね〜」とお互いに口に出しているので、現状はこのままでオッケー!!

 

2人目が寝るときは上の子は別室で夫が寝かしつけ

ゴリラ家は、19:30から就寝準備に入ります。

  • 0歳はママとねんねトレーニング
  • 1歳はパパとねんね

 

0歳は生後3ヶ月なのでギャン泣きすることも。

だけど、扉を2つ挟んだ1歳の部屋までは、泣き声は聞こえにくくなっています。

 

上の子は、2人目が産まれる少し前にベビーベットを卒業してもらいました。

今はパパと2人でマットレスで寝ています。

寝相は暴れん坊で、夫はよくぶつかられて起こされるそうです(汗)

初めはマットレスから落ちて泣き声が聞こえていましたが、今はほとんどありません。

明け方に寒くなると、夫にくっついてくるそうで、かわいいんですって。

さいごに

今回は、年子の寝室のレイアウトについて紹介しました。

  • 0歳はベビーベッドでママと寝る
  • 1歳はパパとマットレスで寝る

 

ゴリラ家では、2人目と1人目を別室に分けて正解でした!

とりあえず、2人目がベビーベッドに入りきらなくなるまでは、この体制で寝るつもりです。